ユニコードファイル対応・四ヵ国語メニュー

■ 従来の「shift-jis」コード(ANSI)のテキストファイルに加え、ユニコード(UTF-16LE、UTF-16BE、UTF-8、UTF-8(BOM付き))のテキストファイルの読み込みに適用しました。


■ SeFプログラミングで、ユニコード文字が使用でき、ユニコードファイルで保存、実行する事ができます。

■ 従来の日本語/英語の言語モードに加え、中国語/韓国語もメニューの切り替えに追加しました。

■ 日本語の入力可能コマンドに、ユニコード文字を使用する事が可能です。


※ご質問/資料請求など お問合せ よりお気軽にご連絡ください。