ガーバー読み込み変換事例

ガーバーデータを読み込み、電気的な接続認識と3次元設定を追加する事例を紹介します。

①ガーバーの読込

ガーバーフォーマットでパターン/ドリル/外形の形状データを読み込みます。
 読み込んだオブジェクトをチェックして最適なデータに変換してレイヤ間の接続認識を行います。
ギャップチェックや製造データ出力が可能になります。


②3D設定

レイヤの順番と厚み情報を登録して3Dデータを作成します。
3次元チェックや構造シミュレーションモデル出力が可能になります。


③部品とネットの取込み

ピン座標リストを読み込み、部品とネットを登録します。
ネットを考慮したDRCや電気シミュレーションモデル出力が可能になります。


※ご質問/資料請求など お問合せ よりお気軽にご連絡ください。