お問合せ  English Chinese

STARTのご紹介

STARTはシステム開発から、新規設計、製造設計、各種製図などの業務において、より高い効果を生み出す事ができる、電子業界唯一のワンパッケージ・デザインツールです。

STARTの略歴

STARTは、販売以来、上位機種による買換えはありません。
全て保守契約範囲内によるバージョンアップで対応しています。
1991年 プリント基板設計CAD,UNIX版をリリース  
1997年 業界初!Windows NT版をリリース
1999年 業界初!CAD/CAM融合をリリース
2004年 セル構造に対応の「START」(ver3)をリリース開始
2006年 海外展開に向け日本語/英語バイリンガル対応
2009年 国家プロジェクトで設計用ツールとして採用
2011年 官学産連協の橋渡しツールとして活躍
2013年 光エレクトロニクスの設計用ツールとして採用
2014年 次世代電子デバイスのヘトロジー二アス構造対応のリニューアル版 Ver4 をリリース
■  2015年 プログラミング・デザインツール・イベントSeFリリース 
■  2016年 ニューラインナップ(自由構成)を9月リリース

主な仕様

STARTは、Windows環境で使用できる、オールインワンのCAD/CAM融合ソフトウエアで、年間を通じて複数回バージョンアップを行っています。
OS Windows 環境に準拠
実行ファイル 約60MBの軽量サイズ
メニュー表示 日本語/英語モードのコマンド切替
データ精度 1nm(0.000001mm)
作業エリア □2000m(2km)
データベース ASCIIで全公開 SSFフォーマット(START STACK FORMAT )
カスタマイズ環境 専用プログラム言語 SeFフォーマット(START execute FORMAT )
複数データの起動 1PCで複数データの同時立上げ可能
インターフェース DXF/274D/274X/BMP/GDSU/ODB++/ANF/XFL/SPD/DSN/AIF/IDF/IGES/STL

製品ラインナップ

  STARTには「標準版」「機能限定版」「無償ビュー版」の3種類があります。
  また、「3D-SET」「特殊補正パック」「I/Fパック」オプションもご利用いただけます。
設計・編集・製図業務などで、必要な要素が一本に融合されたパッケージです。
標準版から幾つか機能を限定した廉価タイプのパッケージです。
データ検証を目的として、サイズや経路、3D構造表示を解放した、無償ビュワーです。
※OSの環境に合せて、32bit/64bitをお選びいただけます。
※教育機関向けにアカデミックの対応も行っておりますので、ご相談ください。
オプション
3D−SET  ボンディングワイヤの編集・三次元DRC
特殊補正・パック  エッチング補正 (一括処理)
 歪み補正
 センター ピッチ補正
I/F・パック  ANFファイルの出力
 XFLファイルの出力
 SPDファイルの出力
 IDFファイルの出力
 IGESファイルの出力
 AIFファイルの出力
 DSNファイルの出力
 LBPファイルの入力・出力
半導体系 I/Fファイル  GDSUファイルの入力・出力
プリント基板 I/Fファイル   ODB++ファイルの入力・出力
画像の2値化/輪郭処理  メタルマスクチェック

STARTデータによる一元管理

STARTデータで一元管理を行えば、管理費やメンテナンス費、保守費などのコストを抑える事ができ、各部門間の付帯作業が一掃され、正確且つ迅速に連携効率アップへ繋がります。